Profile


  家口成樹 / Shigeki Ieguti

1970年、京都生まれの水瓶座。90年代はじめから現在までに、花電車、drillman、PARA、TERASS、SUZMENBA、EP-4に、シンセサイザー、キーボード、プログラミング、作編曲、などで参加。2000年代よりソロ名義で、おもにインプロヴィゼーションによる演奏活動を開始。シンセサイザー、PC、電気機器の特性を多用したエレクトロニックな奏法で、ノイズ、音響、ミニマルなどの現代音楽的なアプローチから、ジャズ、ファンク、ヒップホップ、フォークソング、ポップス、、多種多様な作風をクロスオーバーさせ、国内外の多数のミュージシャンとおもに即興演奏で共演。2014年、「Kruispunt」名義でのスタジオワーク、録音、ミックス、プロデュース、オーガナイズ、デザイン、などの諸活動を開始。2015年、Enitokwa、MAYUKo
(CROSSBRED)とともに同名のアルバム、「Kruispunt」をリリース。2017年、EP-4の佐藤薫とともに、最新ユニット、EP-4 [fn.ψ]を始動。


⇒HOME