「 drillman / VESA 」




20世紀末、京都発伝説の超絶浮遊感ロックバンド「ドリルマン」による2000年にTAGRAG社より発売されるも現在廃盤中のサードアルバム「VESA」、待望のリマスター再発!!!

- Comment -

20世紀末の京都発、伝説の超絶浮遊感ロックバンド「ドリルマン/Drillman」。BEAT CRAZYの誇るカミソリより鋭いと唄われたパンクバンド「ヘルライザー/ HELLRISER」を前身とし、その主要メンバー、QZO(ボーカル&ギター)、シホ(ベース)、タニガワ(ドラム)の3名により1992年、結成。QZOのギターの織りなす半音音階がぶつかり合う限りなく美しい不協和音による爆音を基調としたただならぬ浮遊感とスピード感は他を遥かに凌駕し、サイケデリックの一言ではくくれない限りなく不可能に近い一体感は聴くもの達の耳をとらえて離さなかった。 この第1期同メンバーにより、ファーストアルバム「リカオン/RICA - ON」およびセカンドアルバム「Take Your Away」を発表。絶賛を博するも第1期活動休止状態に入る。 来たる1998年、現在PARA、Kruispunt、EP4等で活躍中のキーボード奏者、イエグチシゲキを迎えQZOとの2人ユニットにより「ドリルマン」待望の復活。再始動後、カオリ(ベース)、ターコ(ドラム)、プリティー(パーカッション)を迎え5人編成による黄金期を迎える。この頃より従来の横の浮遊感のみならず天と大地ともしっかり繋がる縦の軸も確立され大宇宙と母なる地球をつなぎつつも浮遊を続ける独自のサウンドを揺るぎないものとする。 通算3作目となる本作「VESA」は、エレクトロと生パーカッションの融合による反復(ループ)を基調としたミニマル・ポップな仕上がりの当時のサウンドは、時代を越えた普遍性を感じさせずにはいられないものであった。伝説のレコーディング・エンジニア前川典也氏の主催によるTAGRAGレコードならではのスタジオワークが今なお色あせない透明感を生み出したのは記憶に新しい。 後に惜しまれつつも廃盤となった当作品を、2012年のQZO追悼LIVE in 西部講堂当日にかのCONVEX LEVELの渡辺良氏がリマスターをてがけ待望の電撃再発!

文:KazzNakahara(全力オナニーズ)



< 取り扱い店 >
(2016.12現在)

アマゾン
https://www.amazon.co.jp/vesa-drillman/dp/B01MG8HOS6/

タワレコオンライン
http://tower.jp/item/4397657/

ディスクユニオンオンライン
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1007242107

Nasca Car 通販サイト
http://nascacar.cart.fc2.com/ca2/35/p-r-s/